2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

いわて木の工房会関連  Web Shopリンク

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の記事

2014年7月27日 (日)

岩手のライフマガジン「Vivitto」ヴィヴィットさんに載りました。

こんにちは。

いわて木の工房会会員の笠原です。

初投稿になりますが、今回僕が岩手のライフマガジン「Vivitto」さんに載りました。


Img_5242


とても綺麗に写真を撮ってくださいました。


書店に並んでますのでよろしければごらんになってみてください。


写真のイスや、ヒツジのメモスタンドは僕のWEBショップにアップしてますので、


気軽にご覧になって下さい。


WEBショップはこちら



この記事は、岩手県で20代から30代で物作りをしている方を中心に取材してるそうです。


記者の佐藤さんどうもありがとうございます。


Vivittoのホームページはこちら



wood works crando

笠原 悠貴

2014年7月24日 (木)

3年前の「いわて木の工房会」のビデオクリップ

工房会メンバーの千葉さんがFBで紹介してたので、こちらでも。

3年前の「いわて木の工房展」のビデオクリップ

もぎたてチャンネル」#11,  2011年いわて木の工房展 クリップ

2011年11/4(金)13:00~17:00 11/5(土)~6(日)10:00~17:00(最終日16:00) 岩手県公会堂 2F 21号室・26号室 今回のテーマは【高田松原の「マツ」でつくる】...

https://www.youtube.com/watch?v=oKtkhoib-BA&list=LLlatKteBnslfuA9bQE5AdmQ&index=11

2014年7月16日 (水)

タイトボンド

昨日の接着材の勉強会の翌日、タイトボンドが着きました。
これくらいのサイズが使い切り出来て、沢山板接ぎする目的で使用しないので僕とっては割高だけどベストサイズ。
塗料もそうだけど、大きいサイズだと冬場の保管に神経を使わないといけないし、使い切る前に固まったり劣化して無駄になったこと数回。
岩手の冬の弱小木工工房内は0℃以下になるので冬場は使用しません、冬場はセメダイン社のスーパーXという多用途接着剤を屋外看板の板接ぎに使ってます。
昨日、紹介してもらったコニシ社のモノを今年の冬は使ってみよっと。

「木製ピアノ教室看板一覧」ページ  by  KYALA STUDIO(キャラスタジオ)

Img_6488

クラフトサロン 「とちの実」 2

やっとお部屋に入りました。
ご近所さんの方はすでに珈琲をごちそうになってました。
Photo_7

入って正面と右側に棚がありました。
右側には大きな棚があり、とちの実さんの企画「川添恭和 白磁展」の作品が棚に並んでいました。
正面の棚右側にも白磁の作品が並んでいました。

2

東北巧芸舎さんの作品はこちらでした。

Photo_8

Photo_9

南側に窓がありそこに円テーブルが置かれて、そこで美味しい珈琲を頂く事ができます。

展示の中には、森永豊さんの吹き硝子や大村さんの布バッグ、中田さんの布バッグなどおいてありました。
こちらの企画は8月いっぱいの予定で見られるようです、もちろんその場で気に入った物も購入できますので楽しみです。私も悩みながら珈琲カップを一つ買チャイました。

「とちの実」さんの定休日は月曜日と火曜日だそうですご注意くっださい。

Photo_10
車は2台くらいしか駐車できないと思いますので、柳沢コミュニティーセンターに駐めてから徒歩でも近いので良いと思います。
ご参考までに。


投稿者は、近所の里屋でした。

クラフトサロン 「とちの実」にて 1

先日の日曜日13日に、ご近所の東北巧芸舎さんを訪ねてみました。

自宅を改築しクラフト作品を展示販売するスペースをオープンしたとの事で、クラフトサロン「とちの実」まで歩いて出かけました。

柳沢コミニティーセンター前の県道を横切りこちらの看板に出会います。

その砂利道を20mほど行きますとクラフトサロンが見えてきます。

Photo

坂を下ってきて左手に「とちの実」さんの入り口が見えてきました。

なにやらお客さんのようでした。

Photo_4

振り返ってみると東北巧芸舎さんの工房です、只今材料の乾燥中のようです。
 
Photo_5
すでにご近所のお客さんでいっぱいのようです。

Photo_6

「第6回 いわて木の工房展」 開催のお知らせ

「第6回 いわて木の工房展」 開催のお知らせ

【主催】いわて木の工房会

【日時】 2014年11月7日(金)~10日(日)

       7日(金)13:00~18:00
       8日(土)10:00~18:00
       9日(日)10:00~16:00

【会場】岩手県公会堂 2階 21号室、22号室
    (盛岡市内丸11-2)

【2014年テーマ】 『はこぶ』
         * 各工房がそれぞれの作品の他にその年のテーマに合わせた作品も出展
     
    
【2014年出展者】
   和山 忠吉(おりつめ工房)
   吉田 泰成(STUDIO S@bo.)
   山口 一夫(山口家具)
   山本 サトル(KYALA STUDIO)
   橋本 勲(橒工房)
   千葉 祐生(carpentry 優遊結)
   竹澤 直樹(WOOD工房 ブナの森)
   阿部 正伸(阿部工房)
   里館 尚(里工房)
   佐藤 勲(東北巧芸舎)
   菊池 光典(木暮工房)
   菊池 憲和(CYIN Woodshop)
   笠原 悠貴(wood works crando)
   平岡 正弘(平岡クラフト工房)
     * 以上岩手県内14工房参加
  

【お問合せ先】
   いわて木の工房会 代表:菊池 光典
                       TEL:0198-65-2311

「CYIN Woodshop」ホームページ

いわて木の工房会メンバー 「CYIN Woodshop」さんがホームページを新しくしましたので紹介します。

椅子屋
サイン・ウッドショップ
CYIN Woodshop」

URL http://www11.ocn.ne.jp/~cyin-ws/

「木工の接着剤について」の勉強会

岩手県工業技術センターにて本日「木工の接着剤について」の勉強会がありました。

個人的には勉強会前の講師の先生のタクラマカン砂漠のお仕事やゴシップなどのお話はアジア好きにはとても興味のある話も多く楽しめ勉強になった。肝心の接着剤についてのお話は「シックハウス」関係内容が多くて、僕たちのような小さな木工工房では強度、用途、使い勝手などの話が少なく少し残念だったかな~。いわて木の工房会からは9工房参加。

Img_6507


Img_6508


講師 井上雅雄氏

【プロフィール】

1945年兵庫県生まれ。専攻は木材化学・高分子化学。

1971年コニシ㈱入社、大阪研究所、浦和研究所、東京技術部勤務。
専門は接着剤の開発研究(主に溶剤形接着剤、ホットメルト形接着剤)
およびシックハウス対策手法。

経済産業省外郭団体の大気VOC、対策委員、建材のF☆☆☆☆審査委員歴任。
わが国の「建材・接着剤などの4VOC管理制度」導入に大きく貢献。

現在、コニシ㈱顧問、
東京地方裁判所民事調停委員(建築シックハウス専門)、
わが国のシックハウス関連の測定、改修のエキスパート。
IAQリサーチアソシエイト代表。

主な著書
「表面と界面の不思議」(工業調査会)
「シックハウス症候群の脅威」
「シックハウスの防止と対策」
「粘着技術ハンドブック」(日刊工業新聞社)
「シックハウスの最新動向」(NTS)
「わかりやすい接着の基本と仕組み」(秀和システム)他多数。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ