2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

いわて木の工房会関連  Web Shopリンク

« 「いわて木の工房展」反省会 | トップページ | 5月3(日)、4(月)土澤アートクラフトフェアに出店します! »

2014年12月14日 (日)

遠野 木暮工房へ

今回は千葉のリポートです。

先日、朴の板材を仕入れに遠野の木暮工房へ立ち寄ってきました。

屋外には最近積んだ桑の板がドンと桟積みされてあります。

Dsc_0723_640x360
同工房は家具製造の木工屋ですが耳付きの材料を一般の方に提供する材料屋としても活躍されています。

Dsc_0724_640x360

屋内では道の駅”遠野 風の丘”等に卸している小物の板材の耳(皮)処理の作業中でした。
Dsc_0727_360x640_2

 
私の材料選びはササッと終え、薪ストーブに当たりながらいつものお喋り開始ですhappy01cafe

Dsc_0730_360x640甘ーい焼き芋を戴きながら本日のお題は2つ
「スマートフォンの仕事への活用」 と 「樹種の名前と葉の認識」

Dsc_0731_640x360
話題の中の事例で、樹種によっては「~ノキ」と学名で決められているものが結構あり、木工辞典やWikiで再確認しました。

例えば【ホオノキ ・ トチノキ ・ ドロノキ… 】などはそれが正式名です。

ケヤキは“ケヤキの木 ”と言うことがありますが
ホウノキは“ホオノキの木”とは呼びませんよね。

我々はホオノキのことを省略して『ホオ』と呼びますが、一般の方々に樹種を説明するときや表示するときは正式名で伝えるべきだなと意見一致しました。



また、ヤマナラシをドロノキと変名している風潮について如何なものかと。。



こちらに顔を出すようになって8年くらいでしょうか。。

多くの知識を与えて戴きながらそれぞれの得意分野を交換しあえる有意義な90分でしたsnow








« 「いわて木の工房展」反省会 | トップページ | 5月3(日)、4(月)土澤アートクラフトフェアに出店します! »

「いわて木の工房会」メンバー」カテゴリの記事

コメント

ホウの花は白くて大きくて匂いもいいよ、初夏に渓流に入るとよく咲いてるね~~。信州だと葉っぱをホウバ味噌とかに利用するね。今日は1日中凄く寒かったね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1980482/58266470

この記事へのトラックバック一覧です: 遠野 木暮工房へ:

« 「いわて木の工房展」反省会 | トップページ | 5月3(日)、4(月)土澤アートクラフトフェアに出店します! »

カテゴリー

無料ブログはココログ